ブログ

2016年03月31日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

「お客様の声」インタビューに同行!

創和建設のホームページの中にある「お客さまの声」。先日、そのページを作るための撮影と、インタビューに同行させてもらいました。

今回は…

地域型住宅グリーン化事業の家、 カフェいえの「日向の家」と、

「内郷(うちごう)の里プロジェクト」です。

インタビュアーの平川さん、写真家の袴田さんと、まずはカフェ家「日向の家」へ。

家の中に入ると、広い玄関の先に広い空間のリビング、収納たっぷりのキッチン、数年後のカフェを営みたいというご希望から、店舗に併用できる設計になっています。床のナラ材に無垢の建具、壁の漆喰を塗りオール自然素材。そして、暖炉スペースにはこだわりの黒いレンガ、手すりの黒が、空間を引き締めています。

相模原 カフェ 

さて、インタビュー開始。設計と現場管理を担当した鎌田が同席しました。

温熱環境や、構造にも詳しい鎌田。目に見えない安心感と、住み易さは住んでみて感じたそうです。

IMG_7275

奥様がお手製のケーキを準備してくれていました。ほっこり優しい味で、しばらく先になりますが、カフェのオープンが楽しみです。

自然素材 カフェ 相模原 自然素材

南向きの部屋にはたっぷり日差しがはいり、ウッドデッキも気持ちよさそうです。これからここで、色々な思い出を作っていくんでしょうね。

 

午後からは、「内郷の郷」へ。

畑の大好きな方3件が集まり、環境負荷を出来る限り小さくし、エネルギーを自給する仕組みを考え始まったプロジェクトです。

それぞれの家庭が自然エネルギーを利用して無理なく、生活を楽しんでいます。

インタビューの中で「災害があっても生活できる」と自信満々の住まい手さんたち。

相模原 工務店

引っ越してきてからのこと、将来のこと、イベントもやりたい!と、設計士の池辺さんも一緒に入り、話が盛り上がります。

内郷の郷で、一件目に建ったのが、五右衛門風呂のある粟の家。

自然住宅 相模原 自然エネルギー 創和

五右衛門風呂です。「薪をくべるのは苦じゃないですよ」と話してくれました。

そして、自己発電に薪ストーブ、太陽光温水器等、自然エネルギーをフルに使用している悠の家。

IMG_7316 IMG_7315

早速、自己発電の電気を使い、自宅の工房で作った作品です。オープン階段下に、セルフビルドで蓋を製作。違和感なし!素晴らしいです(^-^)。いえの中には、エコの宝箱のような仕掛けがたくさん。

「内郷の郷プロジェクト」の監督は原。とっても器用で頼りになる監督です。

そして子供たちにも人気者。「原さんだぁ~」と子供たちが集まってきます。

創和  相模原 工務店

この子たち、三姉妹ではありません。2件のお宅のお子さんたちが姉妹のように育っています。

IMG_7379

なんだか楽しそうな生活が始まりそうな、「内郷の里」。スローライフの情報と実践の発信地になりそうですね。

これからも長いお付き合いよろしくお願いしますね〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年03月15日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

sewing space 布布 に行ってきました。

自宅一階の和室をリフォームして、自宅サロン「sewing  space  布布」を始められたお客様のところに、生徒として行ってきました(^○^)。

ミシンを使うだけでもOK、製作相談はもちろん、指導もしてもらえます。

相模原 サロン リフォーム

 

友達と2人、布だけ購入し、「お願いしまーす」と手ぶらで訪問。

置いてある本を見ながら2人共別々の洋服にチャレンジ。彼女はワンピース、私はチュニック。

型紙を作り、裁断するところから面倒をみて頂きました。

布布 リフォーム 自然素材

裁縫からは遠ざかっていたので「大丈夫かな?」と心配でしたが、どうやって布を切ったら効率がいいか、無駄が出ないか、テキパキとご指導頂き、いざ裁断。

リフォーム リノベ

ミシンはもちろん、アイロン台、ロックミシン、作業台、裁縫に必要なものはすべて揃っています。

相模原 サロン リフォーム

私のチュニックは型紙をアレンジして作ったせいか、少し大きくなってしまいましたが、途中でサイズを修正してくれました。

出来上がりが想像できないと、できない技です。

更に、難しい所を縫ってもらい^_^;(多かったりして)、完成。

相模原 リフォーム 自然素材 

一日で、作れました。できの悪い生徒で、先生はフル回転で大変だったと思います(+o+)が、三人共作り終えた達成感で大満足。

今度は自分の気安い服の形を、好きな布を買ってきて縫ってみようかなと思います。

 

★年末に伺ったときはまだなかった看板。息子さんご夫婦の手作り作品です。素敵ですね~

布布 創和 リフォーム 創和

sewing  speace fufu      相模原市緑区原宿南1-6-3 042-783-0227

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年03月02日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

自然素材住宅

創和建設の施工事例で紹介されている「武蔵村山の家」。新築して一年経ちメンテナンスにお伺いしました。

施工事例で紹介している写真は、家具も入っていない、「がらんどう」の殺風景な状態。

生活されてから入らせていただくと、みなさまそれぞれステキに暮らしていらっしゃいます。

ちょっとご紹介。

 

創和 自然素材 漆喰  自然素材_R

新築すると決めた時から、いくつも展示場をめぐり、何社も検討されたそうです。

ハウスメーカーも巡りましたが、「何か違う?」と感じていたときに、創和建設を紹介されたのがきっかけ。

「住み始めて”こうすれば良かった”というのが一つもありません」と嬉しいお言葉をいただきました。

ハウスメーカーのような無駄な経費がない分、仕様をグレードアップできたり、「住まい手」と「創り手」が顔の見える関係というのも大きな理由になるのではないでしょうか。

「どんな家にしようか?」と考えたとき、「志村さんに創和で施工した家を廻ってもらいながら、”白いキッチン””アクセントは赤にしたい”ってひらめきました。あとはそれに合うものを合わせていく家づくりになりました」とS様。

家づくりは十人十色。そのお客様に合わせて家創りをしていきます。もちろんリフォームも一緒です。

424  新築お引越し前

 

創和 工務店 カフェ_R 八王子 自然素材_R

リビングにある吹き抜けの階段は寒くないですか?とお伺いすると、

「吹き抜けがあることで家全体があたたまるし、かといって光熱費は増えてません。この家になってから暖房をほとんど使わないで過ごせてます。断熱性能がいいんですね」。と生活環境も褒めて頂きました。

そうでした!S様の建物は「長期優良住宅」でした。耐震性・耐久性・維持管理のしやすさ・省エネルギー性能・居住環境など基準をクリアした認定住宅です。

快適で安全なお住いでいられるよう、維持保全させていただきます!これからもおつきあいよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年02月17日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

雪化粧&ラブレター

2月に入ってからすごーく寒い日があったり、半袖になりたくなるようなあったかい日があったり、体調を崩されている方はいませんか。

インフルエンザも猛威をふるっているようですが、創和のスタッフは元気で活動しています。

先日のバレンタインでは、女性陣から男性スタッフに【義理チョコ】をあげました❤

「今年は、奥さんと娘と。。。事務所でももらって、たくさんもらったな~」と嬉しそうな人もいれば、「かみさんからも、もらえない(+o+)」とぶつぶつ言っている人がいたり。質や量、愛情がこもっているか?は別として、やはり数が揃うと嬉しいのでしょうか?!

私は後藤さんが息子と一緒に作ってくれた「生チョコ」と頂き、幸せ~と、とろけてました(写真を撮っておけば良かった)。

 

さて、藤野のシンボルでもある「ラブレター」オブジェ。14日が暖かな一日だったので、廻りの雪がすっかり解けてしまいました。

それもつかの間、月曜日の夜から降った雪。夕方、大粒で降っていたので積るかなと思って覚悟していましたが、さほど積もらずほっとしました。火曜日の朝、藤野駅を降り立つと、うっすら雪化粧。ラブレターにも再び雪が。

相模原 リフォーム 工務店   IMG_7395_R

望遠レンズで写真をとったら、「ラブレターってこんな風にできていたんだ!」と、大発見。

ちなみに、開封前・開封中。

創和 八王子 相模原  創和 自然素材

この「5」は藤野地区が緑区制になり5周年を記念した「5」だそうです。

夜になると数時間「5」だけ光るんですよ。

このラブレターのすぐ下の土地を【藤野”soraの家”プロジェクト】と題し、創和建設で4区画を分譲中。藤野ならではのステキな街並みを創ろうと、社長が考えて(たくらんで)いるようです。

 

せっかくカメラを持って外にでたので、藤野駅周辺もぱちり。

相模原 自然素材 リフォーム  相模原 無垢 リフォーム

真ん中にある古い建物が創和建設の事務所です。

お気軽にお立ちより下さいね。

 

 

 

 

 

 

2016年02月14日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

プチ エクステリア工事

先日、10月からリフォームを始めたT様のところに、完工写真を撮らせていただきに伺いました。

同年代の子供をもつT様のお子様は「空手」、我が子は「野球」。

「高校生なのに、まだ応援にいくの~?」と言われたりもしますが、ママ友との観戦や旅行も楽しく、残り少ない子育てを楽しもうと、T様も私も「子供の応援」を楽しんでます。

そんな子供への愛情が家のあちこちに感じるT様の家。空手で受賞したトロフィーや盾はもちろん、お子さんが小さかったころの思い出の品も大切に飾ってあります。そして、外にはシンボルツリーでもあるハナミズキ。これは記念樹でもあり、とても大切にされています。

この度のリフォーム内容は

  1. 湿気対策のために床下の土間にコンクリートを打つ
  2. ブカブカになった床を張り替える。その時にバリアフリー化にする。
  3. 浴室をユニットバスに交換
  4. 屋根と外壁の塗装
  5. 駐車場の工事   でした。

 

床下への土間のコンクリート打ちは、とても大変な工事でしたが、創和建設の土木部が息のあった連携プレーでてきぱきとこなしてくれました。

LDKはこんな感じに仕上がりました。

創和 リフォーム 上野原

なんといっても思い出深い工事となったのが「駐車場の工事」でした。

「花壇を小さくして、出窓ぎりぎりに、車を止めたい、ハナミズキを玄関側に移植したい」というのがご要望でした。

花壇に植わっているのは、娘さんが誕生した時に植えたハナミズキ。現状の花壇の大きさでもすでに窮屈そうです。

室内のリフォームは早々に終わりましたが、駐車場の工事はハナミズキの葉が落ちてから着手です。

上野原 リフォーム

 

予算を抑えるために、ご主人がセルフビルドで花壇を解体してくれました。

りフォーム 上野原

すでに根っこがかなり伸びています。これ以上花壇スペースを狭めるとハナミズキが根づかす、枯れてしまいそうです。

植木やさんと相談しながら、玄関側に移植です!

上野原 エクステリア

枝も剪定してすっきりしました。樋に落ち葉が詰まる心配も減りました。

ご主人念願の新車を入れるために、もう少し花壇スペースを建物側に下げたかったのですが、ハナミズキが枯れてしまっては本末転倒。

車止めと花壇のレンガが同じ位置となりましたが、車の駐車スペースの確保・車止めの設置・ハナミズキをいじめないの三点の希望を叶えるギリギリの線で位置を決定。そして奥様がセンス良く花壇の敷居を作ってくれて完成。

エクステリア 創和

長い工期となりましたが、最後に奥様が「創和さんで良かった。大橋さんで良かった」と言って頂き、とても嬉しかったです。

そして更にプレゼントが…

上野原 エコ リフォーム

山梨のCafe&Craft Jingというお店で、オリジナルタオルを作り、プレゼントしてくれました♥

これを持って野球の応援頑張りまーす! T様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

2016年01月29日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

建築士定期講習

 

7年前に建築士法が改正され、「建築士事務所に属する建築士は、3年ごとの建築士定期講習を受けることが義務化」となりました。

創和建設は、建築の工事を請け負う際に必要な「建築業の許可」はもちろんありますが、実は建築士事務所の登録もしているんですよ。

なので、建築士事務所に所属している建築士なので定期講習を受けてきました。

建築基準法は世の中の動きや、新技術の開発で改正が多く、常に新しいことを知る意味では有意義な講習となりました。

建築士の資格を取得してから、20年(ちょい)…その頃習った法律的なことはもちろん、建築と環境の関係も大きく様変わりしています。

そして、環境問題では、都市部のヒートアイランドを引き起こす気温上昇幅にはびっくり。

過去100年間で地球全体の気温上昇率は0.7℃程度、しかし東京における年平均気温は約2℃上昇しているそうです。原因としては緑地・水面の減少による舗装面の増加・地表面からの水分蒸発の減少・エアコンの使用増大等、1930年頃までは数日だった熱帯夜も年間30~40日に急増している(教科書丸写し)…数字で聞くとリアリティがあります。

廃材処理やエネルギー問題など、建築が環境に及ぼす影響ってすごく大きんです。国もサステナブル(地球環境に配慮し持続可能)な社会を目指して建築にも様々な指針を立てています。

建築に携わる私たちが「人にも環境にもやさしい住まい」目指して、未来の子供たちが住みやすい環境を残したいですね。

 

いろいろなことが知れて楽しかった反面、定期講習は最後に「修了考査」があり…プレッシャーの中1日受講してました。。。疲れましたヽ(´▽`)/

 

 

 

 

 

 

2016年01月17日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

自然素材で子供部屋を増築

「お神楽」と聞いて、何を思い出しますか?

神社での舞?と思いますよね。

建築で「お神楽」というと、1階の上に2階を増築することをいいます。

今回は「お神楽」で3室だった2階の部屋を4室+収納にする工事です。

1階の屋根を取り壊し、2階の骨組みを組んでいく…天気の具合を見ながら工事を進めないと、1階の部屋がとんでもないことになってしまいます(汗)。

しかし、今回は施主さんの行いが良かったためか、雨にも降られず、2階の骨組みが組みあがり、しっかり雨仕舞いができ、工事が順調に進みました(出際よく仕事を進めてくれた大工さんたちにも感謝!)。

仕上がった小学校5年生のお嬢さんの部屋です。

増築 八王子 相模原      自然 住宅 無垢材 自然素材

絵が上手なんですよね~。

チョークで書いたとは思えない細かさ。すぐに「ハガキ」とわかります。

こちらは御夫婦の寝室。

無垢材 自然素材       八王子 相模原 上野原 リフォーム

そして、増築して少しだけ狭くなったご主人の部屋。

自然素材 リフォーム  この部屋の床材は9年前に新築した時の床のままです。

9年前に建てた時の仕様は、床は無垢杉材、壁は珪藻土です。

新建材の床材だったら、9年前の商品では品番や品揃えが変わってしまっているので、同じもので張り替えるということは出来なかったしょう。

そこは無垢材!年数が経っても同じ材種の床材を貼れば、違和感なく馴染みます。

 

藤野 リフォーム

手前が9年前の床。奥が今回張った杉の無垢材です。

ほどんど区別がつきませんね。

 

壁材もそうです。クロスだと年数が経つと廃盤になっていることがほとんどです。

似たような柄を貼っていくしかありません。

でも、塗り壁の珪藻土だったら、以前の壁と新しく塗った壁と区別がつかないくらいです。

自然素材の良さって、「身体にいい」だけじゃなく、メンテナンス的にも優れているんですよね。

 

さて。

どんな工事でも、施主さまのご協力が不可欠です。

しかし、今回は、一番頑張ってくれたのは、わんちゃんかも!?

職人さんからも可愛がってもらいました。

相模原 リノベーション

みんなのアイドルでした。

ありがとね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年01月07日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

2016年創和リフォーム工房スタートしました。

新年あけましておめでとうございます。

本日より創和リフォーム工房は仕事始めです。

 

昨年、出会えたお客さまにたくさん出会えたこと、大変感謝しております。

引き続きお付き合いよろしくお願いします。

そして、本年も素敵な出会いを楽しみにしています。

これからもリフォームを通じて、心地よい空間を作っていきたいと思っております。

2016年もどうぞよろしくお願いします。

 

創和リフォーム工房

 

 

 

 

 

 

2015年12月30日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

年末の恒例行事…餅つき

毎年、年末に近所の庭先で(といっても、とっても広い!)その家に関わってきた人やご近所・友達を呼んで、お餅つきをしています。

自然素材 リフォーム 創和

中心となって動いている私たち世代が、小さかった頃、家で餅つきをしていたわけではありません。

でも、人とのつながりを大切にしたい、子供達に日本の行事を伝えていきたいという想いで始めた餅つき。

気が付くと今年で11回目。

 

小さくて、来ても走り回るだけだった子供達が、すっかり大きくなり、手馴れた手つき腰つきで、お餅をついてくれます。

相模原 自然素材 リフォーム

少し大きくなった小学生たちは、お米を蒸すためのせいろの火に薪をくべてくれます。

「これやって」と言ったわけでもないのに、黙々と火の番人をしてます。

初参加の小さな女の子は、おばあちゃんとお母さんに教えてもらいながら、つきたての熱いお餅を丸めます。

八王子 リフォーム 創和

つきたてのお餅を頬張りながら、「今年一年はこんな年だったよ」「今こんなことやってるよ」という会話や、若者が人生の先輩たちからアドバイスをもらったり、逆に若者の文化に触れたりと、垣根を越えて話が弾みます。

そして、今年一年が無事に暮らせたことに感謝し、来年が良い年になるといいねと言いながら、今年の餅つきも終了。

笑顔とお餅を抱えながら、それぞれ帰途につきました。

 

今年、創和のリフォームに関わっていただいたお客様や職人さん、創和のスタッフに感謝しながら、

来年も皆様に普通の幸せが訪れることを願い、今年のブログは終了。

2016年も創和リフォーム工房をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月12日 / 創和リフォーム工房スタッフブログ

無垢材の床

秋の始まりの9月にリフォームした富士吉田の家。
縁側から見える富士山に、仕事中ですが(笑)ほっと一息、癒されるひととき。

blog3

お施主さまの「この景色を大切にしたい」という気持ちが充分にわかる、ステキな場所です。

建物は大工さんが丁寧に建てたことが良くわかる、和風住宅です。
blog2

そして、お施主さんも大切に使われてきたことがすぐにわかります。

今回リフォームしたのは、和室の4室。
畳からフローリングに変えました。
台所の床はそのまま。
その床のきれいな事!
30年ほど使い込んでいると思います。
無垢材の経年劣化って、こんなにきれいなんです。

blog4blog5

これからまだまだ使い込むと、更に味が出てきます。
本物の素材の良さは、まだまだ続きます。